トップページ>取扱分野>離婚・夫婦問題

離婚・夫婦問題

離婚・夫婦問題でお悩みの方の不安を解消します

離婚・夫婦問題

 夫婦として配偶者と連れ添っていると、配偶者に対していろいろな不満や悩みを抱えることがあります。

 単に、配偶者が気が利かないとか、結婚記念日を忘れて一緒に祝ってくれなかったといったような話しであれば、夫婦の共同生活に致命的な亀裂を生じさせることはまずないでしょう。

 しかし、配偶者が生活費を入れてくれないとか、配偶者が家を出て行ってしまい戻ってこないといったことになったり、また、配偶者に暴力をふるわれるとか、配偶者が浮気をしているということになると、夫婦の共同生活の存続そのものが危ぶまれます。

 そうした危機的な夫婦問題に直面した場合には、将来、夫婦の共同生活を維持するにしても、離婚を決断するにしても、早期に専門家に相談することが肝要です。

 直面している問題に対してどのような法的手段をとりうるのかを知ることは、今後の生活に明確な指針を与えてくれるからです。

 当事務所では、初回無料で離婚・夫婦問題についてのご相談をお受けしています。

 当事務所で一緒に問題を解決しませんか。

離婚・夫婦問題の弁護士代理サポート

離婚・夫婦問題の弁護士代理のサポート対象

 以下の各種請求について離婚・夫婦問題の交渉、調停や訴訟の代理をご依頼頂けます。

  1. 婚姻費用の分担請求
  2. 離婚請求(以下の各種付帯請求を含む。)
    1. 親権者指定請求
    2. 財産分与請求
    3. 慰謝料請求
    4. 養育費請求
    5. 面会交流請求
    6. 離婚時年金分割請求
  3. 養育費増減請求
  4. 面会交流請求
  5. 子の引渡し請求

離婚・夫婦問題の弁護士代理のサポート内容

 離婚・夫婦問題の交渉、調停や訴訟の代理をご依頼頂いた場合には、以下の各種サポートを提供します。

  1. 離婚・夫婦問題に関する打ち合わせ
    離婚・夫婦問題について交渉、調停手続や訴訟・審判手続の代理をご依頼頂いた後は、必要に応じて、打ち合わせをさせて頂きます。
    ご依頼後のご相談・打ち合わせは、すべてご依頼費用に含まれていますので、気になる点、確認したい事項などがあれば、お気軽にお問い合わせ下さい。
  2. 相手方への内容証明郵便の作成・発送
    相手方にご依頼主様の要求を明確に伝えるため、通知書や請求書などを作成し、状況に応じて内容証明郵便で発送します。
  3. 戸籍等の必要書類の収集
    戸籍等の書類は、必要に応じて、当方で収集します。
  4. 離婚協議書(公正証書)の作成
    離婚協議書(公正証書)も、必要に応じて、当方で作成いたします。
  5. 調停申立書や訴状など手続必要書類の作成・提出
    調停申立書や訴状など調停手続や訴訟手続で必要となる書類はすべて当方で作成します。
  6. 裁判所とのやりとりの代理
    調停手続や訴訟手続を進める上で必要となる裁判所とのやりとりは、すべて当方で代理いたします。
  7. 調停期日への同行
    調停期日には、ご依頼主様と一緒に裁判所に出頭いたします。
  8. 訴訟期日への代理出頭
    訴訟期日には、ご依頼主様に代わって裁判所に出頭いたします。
  9. 調停調書や判決書などの代理受領
    調停調書や判決書などの書類についても、ご依頼主様に代わって当方で受領します。

離婚・夫婦問題の費用

離婚・夫婦問題に関する相談料

 離婚・夫婦問題に関するご相談は、初回無料でお受けしています。

 2回目以降のご相談は、1回定額5000円(税別)です。

離婚・夫婦問題の費用

1.着手金

 着手金額は、ご依頼の内容に応じて、以下のとおりです(税別)。
 1つの手続で事務処理がなされる限り、離婚、親権、養育費、財産分与、慰謝料、年金分割、婚姻費用などの請求の数を問わず、着手金額は同額です。

  • 交渉・調停事件
    20万円
  • 訴訟・審判事件
    30万円
  • 交渉・調停事件から引き続き訴訟・審判事件を受任する場合の着手金は、15万円です。
  • 不貞相手への慰謝料請求についてもご依頼いただく場合には、着手金を10万円加算します。
2.報酬金

 報酬金額は、離婚、親権、養育費、財産分与、慰謝料、年金分割、婚姻費用など請求内容を問わず、一律10万円です(税別)。

3.その他

 着手金や報酬金のほかにも、出頭日当や実費がかかります。